尿もれと男性更年期 | 男性の尿漏れ|排尿後の残尿感の原因と予防対策



中高年男性の尿もれ、排尿後尿が漏れる、少しちびる小便した後パンツやスボンがぬれるなど夜間頻尿と夜間の尿もれの対処法を詳しく紹介しています。



尿もれと男性更年期

尿もれは、一般的に女性がなりやすいと言われています。 男性に比べて女性は尿道が短いため、というのが理由の一つです。

 

もう一つ大きな理由があるのですが、尿もれと出産に大きな繋がりがあります。 これは出産によって骨盤底筋という筋肉が押され、緩むことによって尿道が不安定に なるためとされています。

 

どちらも男性とは縁遠い理由なので、結果的に男性とが結び付きにくい条件が揃って いると言えます。では、果たして本当に男性は尿もれになり難いのでしょうか。

 

結果だけ見てみると、当然のように尿もれで悩む男性は存在します。 彼らが異端という事ではなく、女性特有の理由とはまた違った部分から尿もれという 結果に繋がってくるのです。

 

尿もれになり難いと思われた男性ですが女性とは違った、或いは共通した原因によって 症状が現れる事があります。 過活動膀胱という状態によって尿もれとなるのですが、これは男女共に共通した原因です。

 

また、尿道が長い事が災いして起こす事があります。 こちらは、女性とは条件が逆になるので男性のみの話となるでしょう。

 

対策が容易に取れる反面、放っておくと気付かないうちに尿もれを起こしているため留意する 必要があります。

 

話を女性視点に戻しますが、出産とは別に加齢という原因から起こす可能性が あります。 いわゆる更年期の頃に、やはり筋力の低下から尿もれを起こすのです。

 

更年期自体は出産と別問題と言えますが、実際には更年期の頃に出産を経験している女性が起こし やすいという事になっています。 いずれにしても女性は、加齢による筋力低下も含め真剣に考える必要がありそうです。

 

尿もれは、尿道に尿が残っているか尿を我慢できないかといった具合に個別の理由が存在します。

 

言葉にしてしまえば一緒でも、それぞれ原因から解決方法まで異なります。 男性の、尿道に尿が残っているためふとした時に尿もれとなって現れる症状は動きの多い仕事だと 辛いものがあります。

 

根本的な解決方法ではありませんが、排尿時にしっかり出しきるというのが簡単かつ確実な対策と なるでしょう。最初は慣れなくても、習慣付ける事によって尿もれが改善されてくる可能性が あります。