骨盤底筋群を鍛えて予防 | 男性の尿漏れ|排尿後の残尿感の原因と予防対策



中高年男性の尿もれ、排尿後尿が漏れる、少しちびる小便した後パンツやスボンがぬれるなど夜間頻尿と夜間の尿もれの対処法を詳しく紹介しています。



骨盤底筋群を鍛えて予防

本来なら投薬によって済んだところ、尿失禁を放置したため外科的な 手段に頼らざるを得ない場合もあります。

 

薬は西洋医学の見地から 処方されるものが多いですが、なかには東洋医学つまり漢方を用いた 尿失禁治療があります。

 

自分で入手した情報をもとに好き勝手漢方を 飲めば尿失禁が改善されるという事ではありません。

 

確かに、尿失禁に効果的な漢方として紹介されているものはありますが ,実際に使用する前には専門家への相談が必要です。

 

全ての尿失禁に対して有効という事はありませんが、簡単なトレーニングに よって骨盤底筋群を鍛える事ができます。

 

特別にトレーニングする時間を 用意するのではなく、たとえば主婦なら家事の合間や寛いでいる時に行う だけで尿失禁予防に繋がります。

 

骨盤底筋群が鍛えられていないと、それだけで尿失禁になりやすいのです。 前述しているように出産の経験や加齢から骨盤底筋群が緩んでしまうため、 意識して鍛える事で尿失禁を回避するのです。

 

簡単なトレーニングで済むのなら、これほど楽な事はないでしょう。

 

一度でも尿失禁を経験した事のある方はもちろん、加齢とは違ってまだ 若い方も知識だけは持っておいて良いでしょう。